スポンサーリンク

7月第1週 米国雇用統計を見据えて小康状態 来週はFOMC議事録公表

今週の投資結果

雇用統計に向けて小康状態

今週は、7月2日、日本時間21時30分発表の米国雇用統計を見据えて小康状態でした。

米国雇用統計では、雇用は市場予想よりも高く、失業率は市場予想より悪化する結果となりました。

ただ、失業率に関していえば、失業者への給付金が潤沢に支給されているので、あえて働いていない人もいることと関係しているのでしょう。

そのあたりも考慮してか、為替は円安方面へと進みました(ドルは円高)。

株価も日本株以外は堅調な地合いを継続しています。日本株だけが下がり続けているという結果。

オリンピック終了後のバブル景気終了を見据えた動きが、早くも始まっているのかもしれません

金は下落しそうに見えながらも、週末にはやや高めで終了しています。ただ、このまま、経済再開となってくると、金は下落していくのではないでしょうか。

1800ドルを見据えた攻防が続いています。

世界情勢に目を向けると、特に今週は動きなしでした。

7月に突入し、世界の目がいよいよ日本のオリンピックに向いてきています。

果たして無観客になるのか否か。コロナ対策、テロ対策など、日本の抱える問題は山積みです。

来週はFOMC議事録公表に注目

来週の大きなイベントは、日本時間7日27時に公表される、FOMC議事録です。

すでにタカ派発言で大きく相場が動いています。

(それによって私は大きな損をしたわけです↓↓)

6月第3週 FOMC結果を受け、株・為替とも大幅下落に転じる – MUNOの個人投資とお金のはなし (muno-investment.com)

結局のところ、どのような論戦が繰り広げられていたのかが分かってきます。

改めて早期の利上げ、テーパリングの開始が示唆されるような内容であれば、

株は軟調。為替も円高方面(ドルは円安)へとまた傾いてしまいそうです。

今週の雇用統計である程度リスクオンの向きとなってくれたので、

どうにかしてこれを継続してもらいたいものですが。

一方、意外とハト派だったことが確認されると、

リスクオンが加速する展開となると考えられます。

来週の戦略

基本的に、FOMCの議事録公表を見据え、すでにある程度高くなっているユーロ円を、

上がったら売り落とす戦略を想定しています。

ユーロ円、いくらリスクオンとは言っても、130円台半ばからは売りと見ています。

ユーロドルはドル高ユーロ安が続くと考えていますので、

対円についても、そこまで伸びない展開を予想しています。

株価指数も、日経平均にチャンスがあるようであれば、買いで入っていきたいと思っています。

金もそろそろ上がらなくなってきていますので、1800ドル代で売りを仕掛けていきたいところです。

約定分

株   -52,411円
 (現物、NISA)
   いい加減上がる見込みのない銘柄を損切りました。
   オリンピック需要を見据え、運輸関連銘柄を買いなおしました。
FX  177,220円
 (ドル円、メキシコペソ円)
CFD   2,399円
 (日経平均、VIX指数、金)
合計  127,208円

持ちこし分

株     -926,950円
FX      35,610円
 (メキシコペソ円)
CFD          0円
合計    -891,340円

コメント

タイトルとURLをコピーしました