スポンサーリンク

6月第1週 米国雇用統計で乱高下!

今週の投資結果

雇用統計を睨んだ展開

今週は、米国雇用統計を睨んだ展開となりました。

6月3日の米国ADP雇用統計は市場予想650千人だったところ、978千人と大幅に改善という結果が出ました。一方で6月4日の米国非農業部門雇用者数は市場予想675千人のところ、実は559千人だったという結果に。これを受けて、対円では多くの通貨で下落しました。

為替は、ユーロドルでは、結果を受けてユーロが急伸しました。ドルは、すでにリスク回避通貨から、リスクオン通貨に戻ってきたということでしょうか。

今週前半は、雇用統計を睨んで平行線。そして週後半はADPと本番の雇用統計で乱高下という、なんとも入り時のわからない展開となりました。

2週目方向感は出るか?

来週は、実は米国の雇用者数が改善していないことから、方向感がリスクオフとして出てくるのか。

あるいは、まだまだ方向感は定まらない展開となるのか、わからないところです。

為替では、ほとんどの通貨が高値圏にあることは事実なので、

リスクオフに乗じて、調整の売りが出てくるかもしれません。

株価は、比較的安定しています。

ゴールドが1900ドルまで上昇後、下落してきたところを見ると、

株価はリスクオンと見ることもできます。

ここのところ、為替と株価に連動性がなくなってきています。

どちらかというと、日々のニュースで、ピンポイントで上下していく流れのようです。

来週の戦略

為替は今週、頑張ってランド円を買ったことが功を奏しました。

来週は、伸び悩んでいるメキシコペソを、下がったら買う、というところでしょうか。

1メキシコペソが5円50銭を境としてレンジになっているので、

これより下がったら買い。そして上がったら売りを繰り返す戦略を考えています。

その他の通貨は、週前半の方向性を確認してからの取引となりそうです。

南アフリカランド円も、金曜に8円15銭付近まで急上昇しました。

7円台まで戻ってきたら買いたいところですが、

もしかすると9円台を目指す動きも考えられます。

株価は、日経が低い位置にいますので、買い目線を持ちたいと思います。

週の大きなニュースは、週後半、11日~13日にイギリスで行われる先進7カ国首脳会議(G7)です。

ここで日本はオリンピック開催を世界に示さなければなりません。

ここでの菅首相の立ち居振る舞い次第で、株為替ともに大きく動くことも考えられます。

取引できない週末に入ってしまうこともありますので、

金曜日は大きくギャンブルに出るか、それともポジション調整をするか、

難しい展開が予想されます。

とにかく、オリンピックに係る懸念は、週末に決着しそうです。

もしかすると、来週は「休むも相場」で、あまり動かないのが得策なのかもしれません。

今週の投資結果

約定分

株         0円
FX  142,038円
 (ユーロ円、南アフリカランド円、メキシコペソ円、ユーロドル)
CFD  12,534円
 (日経、S&P500)
合計  154,572円

持ちこし分

株   -869,988円
FX    28,280円
 (メキシコペソ円)
CFD         0円
合計   -841,708円

コメント

タイトルとURLをコピーしました