スポンサーリンク

11月第4週 新興国通貨大暴落 オミクロン株感染拡大!

今週の投資結果

オミクロン株出現! 株為替ともに大暴落!

今週はまずトルコリラ円が23日に一気に10円を割り込み下方向にブレイク一時8円台をつけるまで売り込まれました。

その間、新興国通貨はずっと軟調に推移していました。

ただ、株は特に影響を受けず、先進国の通貨もまた、それほど大きな変化は見せていませんでした。

問題が起こったのは26日の金曜日です。感謝祭翌日のブラックフライデーは祝日で、かなり流動性が低下していました。

そこへ、新型コロナウイルスの南アフリカで変異した株の感染が拡大しているとのニュースが舞い込みました。

先週、今は「材料探し」という記事を書きましたが、それが現実のものとなりました。

11月第3週 材料探しの展開か? 米中会談も成果なし – MUNOの個人投資とお金のはなし (muno-investment.com)

変異ウイルスはオミクロン株と命名されるのですが、これが既存のワクチンの効果を低下させ、さらには感染力、毒性ともに従来株よりも悪化したとの報道が出ています。

こうした報道に飛びつき、世界的にリスクオフとなり、一気に株と為替が売り込まれる展開となりました。

特にリスク回避通過の円に人気が集まり、ドル円およびクロス円では円が買われ、円とペアの通貨が売り込まれるという超加速を演じました。

特に新興国通貨はトルコリラの大幅な下落の影響で売り込まれていたところに、南アフリカランドを中心にさらに売りが拡大。メキシコペソも下落幅を拡げました。

このほかにも、先週から原油放出の可能性が出ていましたが、24日、主要国が備蓄している原油の放出を開始するとの報道がなされました。メキシコは産油国なので、原油価格下落を嫌気した売りも出たようです。

もっとも、主要国が原油を放出するのならば、ロシアはじめOPEC(原油輸出機構)は減産すると報じられ、一時かえって原油先物価格が上昇する傾向も見られました。ただ、どうにもこれが、結局原油高になることを嫌気して、新興国通貨の下落につながってしまいました。

そして、結局原油先物価格は、26日のオミクロン株感染拡大のニュースを受け大幅に下落。メキシコペソもさらに下落幅を広げることになってしまいました。

世界中で感染再拡大。ロックダウンが報じられる中、日本は感染者が低水準で推移しています。ただ、そんな日本の様子など世界は知ったこっちゃない、という気持ちで、日経も大きく売り込まれ、先物と併せると1000円以上の下落を記録しました。

下げ止まりはいつになるのか

薄商いによるパニック相場であったこともありますが、実際この下落の流れがどこまで続くかが問題です。

かなり高値圏にあった株・為替が、これを見て一気に下落トレンドを形成していく可能性もあります。

新興国でも感染の影響は大きく、このまま、また安値に向かうことにも警戒が必要です。

週明け、戻すのか、金曜の流れを引き継ぐのか、かなり混沌とした状況です。

実際世界では、台湾を巡る問題などの地政学リスクも高まっています。悪材料がしか見当たらない状況ですので、このまま一気に下落していく展開になると、かなりの加速度をつけていく可能性があります。

わずか1日で今年の利益と同等の含み損を抱える

新興国通貨は上昇を続けると見ていたのですが、ここにきて感染再拡大で一気に下落してしまいました。

正直、新型コロナ関連のニュースは、もうそれほど株・為替に影響を与えないと見ていたのが、完全に裏切られました。

コロナショックによる100年に一度の下落があったばかりで、もう暴落させるだけのポジションもあまり世界的な機関投資家も取れないだろう、と読んでいたのが、まったく違いました。

世界には、まだまだ売りをしかける余地のある人が多いということでしょう。

もちろん、パニック売りということもありますが。

一時、過去最大の400万円超えという含み損を抱えました。1日で300万円近く含み損が膨らみました。正直、資金管理はしていたつもりなのですが、予想を超える下落でした。少しずつの下落なら、ついていけるのですが、1日という短い中での下落でしたので、ポジションを調整することもできず。

過去最大の含み損400万円超

特にメキシコぺソ円、南アフリカランド円は週足の長期の移動平均線がサポートになると見ていたのですが、あっさり超えていく展開です。

メキシコペソ円(週足)
南アフリカランド円(週足)

先進国の通貨は、下落と言っても、まだまだ下値の余地がありますので、これ以上の下落を演じるのであれば、新興国はひとたまりもなさそうです。

特に、トルコリラで、異次元の下落が最近認知されてしまいました。

この結果、サポートが完全に無効化されてしまうことも懸念されます。

このあたりで、1年分の利益を完全に失う、最大の損切もしないといけないかもしれません。

来週の戦略

下落がここまで速いスピードでくるとは思っていませんでした。

来週は、上昇するかどうかを見極め、難しそうであれば、早々に損切を考えなくてはなりません。

今のところ、150万円ほどは損切らなければならないかとも思っています。

本当に、どうして一体、突然こうなってしまったのか。

週初めの窓開けも怖いところです。

約定分

株           0円
FX   -468,679円
 (ドル円、南アフリカランド円、メキシコペソ円、豪ドルNZドル)
CFD    31,800円
 (日経先物)
合計   -436,879円

持ちこし分

株        -600,700円
FX   -3,343,170円
 (南アフリカランド円、メキシコペソ円、トルコリラ円)
CFD     -47,800円
 (日経先物)
合計     -3,991,670円

含み損が広がる

MUNO
MUNO

含み損が一時400万円を超えてしまったよぉ

もう、泣きたい

吾郎
吾郎

資金管理はしていたのにな

暴落はこわいものだ

MUNO
MUNO

1年かけてコツコツ貯めてきた収入額を

含み損の額がこえてしまったよ

吾郎
吾郎

利益はなかなか出ないのに

悪いことは簡単におこるよな

コメント

タイトルとURLをコピーしました