スポンサーリンク

5月第1週 セル・イン・メイはくるか?

今週の投資結果

株・為替ともに上昇

今週は全体的に横ばい、もしくはリスクオンに傾きました。

セル・イン・メイと言いながらも、なかなか下落しません

新型コロナ終息期待、金融引締もまだ実施しないとの思惑から上昇傾向です。

日本株もゴールデンウィーク明けに上昇。

緊急事態宣言延長を受け、さらなる金融緩和期待からでしょう。

アメリカ雇用統計の数字も予想を下回りましたが、

この数字は職探しを始めた人が反映されているから、との実態を見つめ、

かえって経済全体には追い風にもなっています。

今年はバカンスなし? 株も為替も売られない?

世界経済が例年と異なる動きを示していることから、

バカンスシーズンに突入しても、

それほど売られる気配はありません。

6月、7月になってどうなるか、というところです。

実際、株は過去最高値を更新し続けていて、相当な高値圏にいるので、いつ調整の売りがでるかわかりません。

為替もコロナ前の水準に到達しています。

しかし、いつ金融緩和バブルがはじけるかわかりません。

どこで急落が起こるか不安な日々が続くでしょう。

来週の戦略

為替の面では、格付けが11日に変更されています。

南アフリカランドの格付けもありますが、

おそらくは据置以上と予想されています。

この結果次第で、ランド、豪ドル、レアアース価格が変動するのではないでしょうか。

先進国の通貨は、雇用統計の結果が月曜にどう反映されていくかになります。

とりあえずは、日本とインド以外の株は、下がったら買う。

為替は上がったら売る、を意識していこうと思います。

今週の投資結果

約定分

株        963円
 (信用)
FX   172,320円
 (ユーロ円、南アフリカランド円、メキシコペソ円)
CFD   13,524円
 (S&P500)
 合計  186,807円

持ちこし分

株   -677,720円
FX         0円
CFD        0円
 合計 -677,720円

コメント

タイトルとURLをコピーしました