スポンサーリンク

12月第2週 為替も株も小動きだが… いよいよ増税か? 1兆円は国民の税金から!

今週の投資結果
ドル円は小動き。日経平均は横ばいの週でした。ただ、年末ボーナス需要を見込んで、日経は上昇する期待が、増税議論で一気に吹き飛ばされた感があります。今年から来年にかけて、増税議論が加速しそうですが、こうした増税ありきの政治家がトップにいるようでは、まだまだ経済の回復は遠い夢の中、というところなのかもしれません。

ドル円は安定? 日経平均株価は下落?

先週のドル円は大きな下落となりましたが、今週は一転、1ドル135円~136円台で推移と、ある程度の安定を見せました。

ただ、やはり平常時よりは一日のボラは大きいというところでしょうか。

日経平均株価も、週を通して横ばいでした。

日本の年末のボーナスは、人事院の発表によれば、国家公務員の期末・勤勉手当が500円上昇したと報じられています。

これらは、民間の給与額を反映して決められていますので、ある程度日本の賃金も上がってきたと見ることはできます

ただ、コロナで大きく賃金が下がっている中、ようやく上がっても平均500円程度、ということもいえます。

まだまだ、低賃金からの脱却は難しいようです。

荒療治かもしれませんが、日本の場合は、国家公務員の給与などは、民間を参考にして決められていますが、むしろ先に公務員の給与を高め、民間も追随するような政策もよいのかもしれません

人事院は「民間を参考にしている」、民間は「公務員を参考にしている」とお互い牽制し合っているというのは、結局給与の大きな底上げにはつながりません

むしろ、民間が給与を上げなくてすむような口実を与えているようなものになっています。

もっとも、なんだかんだ言っても、いまだに買い手市場、再就職が難しい労働環境として、辞められない風潮を作っている日本全体の体質が問題なのは言うまでもないのですが。

日本の労働者は、いつになれば奴隷から解放されるのでしょうか

日本の場合、公務員にストライキなどが認められていないのも、その一因でしょう。

海外では、民間であろうが公務員であろうが、当然労働に対する権利は認められています

消防でも救急でも、環境が悪ければストライキをするわけです。

やはり、ある程度労働にも権利が認められていないと、権力の言いなりになっていくのでしょう。

さらに、結局クレーマーに叩かれるのは、下の人間となってしまうわけです。

そして、上の人間はただふんぞり返っているだけで、汚職、天下りが横行するわけです。

岸田総理、ついに増税を決断してしまうか?

ロシアや中国、北朝鮮を睨んだ防衛費の拡大がなされそうです。

防衛費は、4兆円拡大される見通しとなっており、そのうち1兆円分を税金から賄う形で検討されています。

2027年度から、増税がはじまる見通しで、所得税こそ対象外とされているものの、その中には法人税の増税などが検討されています。

所得税が増税されずとも、企業の法人税が上がれば、結局その補填は、従業員の賃金に転嫁されていくことが考えられます

結局、賃金が下がれば、所得税増税と変わらない状況になってしまいます。

自民党内からも、慎重論が出ており、アベノミクスを推し進めてきていた安倍元総理が率いていた安倍派も、反対を示しています。

安倍派は、経済を立て直そうとして大規模な投資や事業拡大に舵を切りかけている企業が、また身動きできない状況になる、という趣旨の発言をしています。

もっともなことだと思います。

まだ数年先とはいえ、増税されるとなると、積極的な投資や開発にお金を回せなくなり、結局市場に放出されるお金も減るわけです。

結局、コロナの際に他国が利下げを進める中、日本だけはまったく動かず、経済を衰退させました

そして、コロナから立ち上がる際、他国が利下げした中で潤った分を利上げして回収する一方、日本はまったく回収の目途が立たず、結局は増税という、最悪の結果を招いてしまっているわけです。

そのほかにも、コロナワクチンの購入費や、東京オリンピックの費用をどう捻出していくのかも、大きな課題です。

特に、東京オリンピックは、訪日客の需要がなく、あてにしていたインバウンド効果が一つもないという最悪の結果になりました。

世界に金をばらまき、国家を衰退させた国の責任は重いと言わざるを得ず、さらに罪を重ねる増税議論となると、開いた口がふさがらない、という状況でしょう。

もちろん、世界が混乱している中、防衛費増額などは、安全保障上重要であることは事実です。

しかしながら、その財源がもう尽きているという状況に導いてしまった日本は、まったくもって先を見通せていないということがありありと分かります。

ドイツでは、国家転覆をたくらむテロが起こりそうになりましたが、日本の場合、すでに国家は大きな氷山に衝突し、沈没しかけた船なのかもしれません

来週の戦略

結局、個別株の上昇はありませんでした。

防衛費増額にともなう増税の議論など、株価を下げる要因にしかならない議論しかされていません

国会議員は、いまだ旧統一教会に関する責任問題から抜け出せていません

もはや、誰も経済回復などを考えるヒマはないところまできているようです。

そろそろ、国が滅びそうです。

アメ株に乗り換えようかなぁ……。

約定分

株             0円
FX            0円
CFD         0円
合計            0

持ちこし分

株        -680,500円
FX            0円
CFD           0円
合計     -680,500円

未来が見えない……

MUNO
MUNO

次々、国民生活を圧迫させるニュースが出てくるよ…

いいニュースが一つもないね。

吾郎
吾郎

国会議員に対しても、

レッドカードがあればいいのにな。

小説 デモトレ投資部! 連載中

デモトレ投資部!
日常 青春 投資 投機 株 FX CFD デモトレード 女子高生 現代 女主人公 学園 ギャグ シリアス

こんなに爆損している作者が書いたものなんて、読んでくれるもの好きはいるのだろうか……←自虐……。

コメント

タイトルとURLをコピーしました